恋ではなく
―― It's not love, but so where near.

メーカー 確認バージョン 最終更新 作成者(敬称略)
しゃんぐりらすまーと 修正なし 2011/06/02 mon

共通説明 攻略ページの読み方など。当サイトの共通説明です。
セーブデータ CG・回想100%

ページ内ショートカット
概要 亮輔 尚人 TRUE 後記




はじめに

状況:完了(CG・回想100%)
写真入門のCGは登録されるので、一度は見ておいてください。






ここいらで一度、しっかり釘をさしておかないといけない。
ぼくは躊躇なくうなずいた。
祐未をモデルに。
……ほんとうは、はっきりと覚えている。
……可笑しいよ。
ぼくは、その声に一瞬立ちどまった。
へぇ、扶にしてはやるじゃない。
まぁ、扶のことだから、不埒な打算があるわけじゃないでしょうけど。
……撮影時のできごとが、いやおうなしに脳裏に蘇る。
【セーブ1】
いまさら、必要ないかな。
認めないとな。
聞かされた話をふたたびおもいだす。
……まぁ、昔から人を見る目だけはあったわよね、扶は。
……ハァ……姉さん、またそういう格好をさせて……
よけいな寄り道はしないで、急いで帰ったほうがいいわね。
わたしはとつぜん、力業で美月に抱きついた。
そんなの、答えられるわけがない。
おもわず、その重さに安堵していた。
映画で祐未が着ている衣装をおもい浮かべる。
ぼくも、それに調子をあわせた。
……あっちゃんは知ってるのかな。
扶 END





亮輔

セーブ1から

あれば、確かに楽は楽か。
悪くないよな。
感じた、居心地の悪さをふたたびおもいだす。
あの性格じゃ……妹さんの件ではさぞ心配でしょうに。
……怒らないのか。
……なに考えてるんだよ。この女……
すこし、休んでいこうかしら。
わたしは心持ち力をこめて、美月の腹筋に拳を突きさした。
そんなの、答えは決まっている。
ふと、ある心配事をおもいだしていた。
ぼくから、それを頼むのは……
首を、縦にふった。
【セーブ2】
ぼくは、これみよがしに亮輔を挑発した。
ぼくは……どうしたらいいんだろう。
亮輔 END





尚人

セーブ2から

ぼくも、それに調子をあわせた。
ぼくは……どうしたらいいんだろう。
尚人 END





TRUE

上記の全END後に「GRAND ROUTE START」を選択して開始

(選択肢なし)
TRUE END





編集後記


本項は構成の目的や根拠を説明するためのもので、攻略に直接の関係はありません。
同じイベントを極力2度以上見せないことを最優先目的としてチャートを組んでいます。

2011/06/02 03:00 完了⇒公開




【愚者の館(アーカイブ)】
http://sagaoz.net/foolmaker/
【トップページに戻る】